体への負担が軽い美容整形

美容整形というと顔にメスを入れて骨を削ったり、シリコンを挿入したりする手術を想像する方が多いでしょう。

無論そのような手術は、確実で大きな効果を期待できる方法として、現在でも広く行なわれています。

しかし「メスを入れるのは怖い」「万が一傷跡が残ったりしたら困る」「仕事があるので長期間の休みは取れない」などの理由で、美容整形を敬遠している方も少なくありません。

そこで最近の美容外科では、メスを使わない施術が主流になりつつあります。

たとえばレーザーを利用した美容機器は、シミ・そばかすやほくろなどを取り除くだけでなく、真皮層に熱エネルギーを与え、細胞分裂を活性化させるためにも用いられます。活性化した細胞はコラーゲンやエラスチンを盛んに産み出すよううになり、加齢や紫外線によるダメージでハリや艶を失った肌が、徐々に修復されていきます。

そのためリフトアップ手術をしなくても、顔のたるみの解消が期待できます。こうした美容整形は体への負担が軽く、感染症などのリスクが少ないことから人気があります。

皮膚を切開する必要がないため傷跡は残りませんし、一時的に赤くなったり腫れたりしても、手術するよりは早く元に戻ります。

また費用の点でも比較的安価で施術を受けられるようになっています。必ずしも一度で満足できる結果が出るとは限りませんが、お試し料金などが設定されている場合もあるので、気軽に利用してみるのもひとつの方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です